2016/09/25

秋冬の寝床について


良質なポーランドダウンをふんだんに使ったCUMULUSの
秋冬4モデルが入荷してきています。

Quiltシリーズはとにかく軽量なことが最大の利点ですが
マミー型の寝袋に比べて型が決まっていないので寒いとき型周りの部分を
ググッと手繰り寄せることでダウンと体の間に冷たい空気をなくし暖かく眠ることができるのが利点。

マミー型のパンヤムシリーズは
機密性をあげてとにかく冷気を中に入れないことが得意。
首元の太めのドラフトチューブを始めダウンに包まれる感覚は極寒期の幕営地では
大切な要素になります。

そして寒さの大きな問題はマット。
皆、普段の生活では掛け布団よりも敷き布団やマットを気にして購入を悩むのに
山だと寝袋に目がいきがちですよね。


KLYMITの別注アイテムの先行予約分は売り切れてしまいましたが
R値4以上のダウンマットをいきたい山域に合わせて選ぶことが大事です。
NEMOなどはとにかく軽く済ませたい人にぴったりです。
化繊ダウンマットは濡れに強く荒く使えるのが魅力ですね。

枯葉がしきつめられたひっそりした山の奥で

月をみながら大地に寝る。贅沢な季節が今年もやってきましたよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿