2012/11/21

MOUNTAIN JOG Style Packing List1



先日の「鎌倉ハイカーズミーティング」では
私、千代田の今年10月、朝日連峰を3泊4日で縦走した時と
同じ荷物が入ったバックパックを展示させてもらいました。

「MOUNTAIN JOGスタイル」
ベースウエイト3582g、水食料込みで平均5900g前後
夜の気温は最低の状況を考えて-5℃想定

※展示は実際に背負った5.9kgでやらせてもらいました。
その時のギアリストはこちら





ULスタイルの優位点の一つに
”体に負荷をかけずにできるだけ楽に歩ける。その結果、より長い行程を歩ける”
というものがあります。

これってなかなかまとまった休みが取りづらいサラリーマンやOLにピッタリのスタイルだなぁと常々感じていました。
待ちわびた週末の山行、せっかく片道4時間かけてアルプスに来たのなら
一泊二日という限られた時間でも思いっきり楽しみたい、できればあの峠の向こう側も見てみたい。
そんなニーズに対してストレスを感じず、気持ちまで軽くなって歩けるこのスタイルは絶対マッチするはず。
実際にお店のお客さんでもそのようなご要望からULスタイルを楽しんでいる方が沢山いらっしゃいます。


じゃあそこから一歩踏み込んで(もちろん普通に歩くのも十二分に楽しいことだとして、です。)
もっと週末の2泊もしくは3泊の行程をとことん遊び尽くすには?
というテーマを個人的にずっと考えてきました。

もっとULの考え方、装備面などから解釈して楽しい提案ができないか...
きっとスルーハイク、ロングハイクとは別の魅力が顔をのぞかせるはずだと信じて
この面白い議題に対して半分遊びながら模索してきたわけですが、

これまで自身が試した事を抜粋すると

テント、タープを使わないで寝る
ナイトハイクで距離を稼いで長く歩く
マウンテンバイクで山に泊まるビバークスタイル
18Lくらいに冬装備を入れて連泊してみる など

どれもこれもULマインドがなければ出来なかったことですが
短い期間でもより濃く、爽快感や達成感を得るために….ということを突き詰めて行くと
個人的にはよりアドベンチャー寄り、というかもう少しスポーツ的な要素をプラスするスタイルにぼんやりと興味が出てきているのが解りました。

アグレッシブなハイクスタイル、ファストパッキングが面白そうだと感じ始めます。

しかし、自分はあくまでハイカー。
常に走りたいとは思わないし、つらそうなのは嫌だった。
もっと気軽にできるスタイルがあったっていいんじゃないか?
というところまで来るとだんだんと目指したい方向が明確になってきました。

自身のテーマとしては
速さを競うものではない、ストイックになりすぎないこと。
ハイカーの精神をわすれずできれば途中食料補給はしない。

縦走用の装備を背負っても、なお走れるというのは必然的に体に負荷が少ない装備なので当然、歩いていても楽。
走らなきゃいけない!と意気込む必要もなく
フラットで駆け出したいような気持ちのよいトレイルに出会ったらすぐに走り出せるような雰囲気がよい。
1日あと3時間分の距離を稼ぐようなスタイル。

ファストパッキングよりもゆるいルールで頑張りすぎないスタイル。
いうなれば山をジョギングする感覚。
「MOUNTAIN JOG」みたいなスタイルを今、さらに模索しています。

このパッキングリストは
そのような考えでセレクトしたものになります。
食料の途中補給は無し。東北地方なので指定小屋にお世話になりましたがビバークできる装備です。




今回の朝日連峰は結果的には3泊4日という短い行程でも
主要峰を全て周り十二分に朝日連峰を味わい尽くす事ができる思い出深い山行になりました。

そして今回のハイカーズミーティングでは
驚いた事にトレランをやられている方々にものすごくウケが良かったのが印象的でした。

トレランとULをつないだら面白い...
それはRun boys! Run girls!の慶さんとも話していることですが
山で野営ができるとトレランの走れるコース設定も何倍にも広がります。
これもULの魅力の一つなんですよね。

せっかくなので
今後もこのブログでこの「MOUNTAIN JOG」を随時報告して行けたらと思っています。

Chiyo

2 件のコメント:

  1. 鎌倉ハイカーズミーティングのようなイベントは次回の開催はあるのでしょうか
    Chiyoさんの「MOUNTAIN JOG」はまさに私のやりたかったこと
    ULハイクではなくULトレランですが、地元の朝日連峰や飯豊連峰、北アルプス、南アルプスをULトレランで縦走したいんです
    是非、直にお話しをお聞きしたいですね

    返信削除
  2. Junpeiさん
    コメントありがとうございます。
    朝日連峰はとても素敵な所ですね。
    稜線ももちろんですがブナの森やアグレッシブなガレ場など表情が多彩で
    一気に東北の山のファンになりました。

    少し遠くなってしまうのですが
    一月末26日から芦屋のスカイハイマウンテンワークスさんとLOCUSGEARさんとで共同でイベントをする予定があります。
    その時に実際に荷物を背負って走れるような機会、またUL装備で山を走る事の説明などを作れればと考えております。

    今のところそのくらいの予定なのですが...
    来年はこういった機会を増やして行ければと思っております。

    返信削除